むろらん港まつり2018。花火大会!ねりこみ!よさこい!!

室蘭民報社納涼花火大会

室蘭最大のお祭りといえば、真夏の三日間にわたって盛大に開催されている「むろらん港まつり」ですね。

開催日の三日間それぞれにメインイベントが企画されていて、さらにさまざまなイベントがプログラムに組み込まれています。

まるで三つのお祭りが合体しているみたいですね。

さすがは昭和22年という昔から続いている歴史のあるお祭りです。

それではメインとなる納涼花火大会、室蘭ねりこみ、よさこいソーランinむろらんを中心に、お祭りのプログラムを見ていきましょう。

  スポンサーリンク

室蘭民報社納涼花火大会

2018年7月27日(金)20:00~20:30

むろらん港まつりの初日、18:00から入江臨海公園横特設会場で港まつり開祭式が行われた後、20:00からは室蘭港入江町フェリー埠頭沖で「納涼花火大会」が開催されます。

昨年の花火大会ではスターマインや水上花火など、30分の間に2,200発の花火が打ち上げられました。

花火は無料で観ることができますが、逆に有料の観覧席はないので、事前に席を抑えておくことはできません。

会場となる入江町フェリー埠頭までは、JR室蘭駅から歩いて10分くらいです。

納涼花火大会

室蘭ねりこみ

2018年7月28日(土)17:15~20:30

お祭りの2日目にはJR室蘭駅のすぐそば、中央町内の商店街を室蘭ばやし北海盆唄の曲に合わせて踊り歩く総参加市民おどりが16:00~17:10。

そしてその後に同じ場所で、勇壮華麗な「室蘭ねりこみ」が開催されます。

室蘭の町内会や商店会、企業などが作ったみこしや山車を担いで、室蘭市内のメインストリートを練り歩く室蘭ねりこみですが、出陣の前に行われる梯子乗りや、景気づけのよさこいソーラン、そして出陣太鼓なども見どころです。


スポンサーリンク

道新よさこいソーランinむろらん

2018年7月29日(日)
14:00~16:00(中島町)
15:05~17:35(入江臨海公園横特設会場)

むろらん港まつりのフィナーレを飾るのは、3つの会場に分かれて演舞が繰り広げられる「よさこいソーランinむろらん」です。

JR東室蘭駅から徒歩15分ほどの中島町のパレード会場は、ホテルサンルート室蘭前、ヤマダ電機前、そしてなかじま天国まつり会場(伊達信金横特設会場)前の3か所になります。

そして中島町でのパレード後、演舞が終了したよさこいチームから入江臨海公園横特設会場に集結して、参加者全員による大演舞でエンディングを迎えます。

まとめ

開催期間

2018年7月27日・28日・29日

27日20:00~20:30 室蘭民報社納涼花火大会
28日17:15~20:30 室蘭ねりこみ
29日14:00~17:35 道新よさこいソーラン

開催場所

港まつり開祭式、大露店街、ステージイベント…入江臨海公園横特設会場

室民納涼花火大会…入江町フェリー埠頭

室蘭ねりこみ、総参加市民踊り…中央町

よさこいソーランinむろらん…中島町・入江町イベント会場

問合せ先

むろらん港まつり実行委員会(一般社団法人室蘭観光協会内)
TEL 0143-23-0102

URL http://muro-kanko.com/

室蘭といえば、海岸に重化学工業の工場がズラリと並んでいるので、夜になれば工場の灯りと、東日本最大の吊り橋「白鳥大橋」のライトアップが、室蘭ならではの工場夜景になっています。 室蘭の工場夜景を見るには車で展望台巡りをするか、運行期間限定の室蘭夜景見学バスに乗るか、はたまた室蘭港内をクルーザーで周回する夜景クルージングに参加するなどの方法があり、時間や予算に合わせて楽しむことが可能です。 気になるのは、室蘭の工場夜景がなくなる(?)というウワサですが…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【300×250】株式会社エボラブルアジア/エアトリ