摩周湖へのアクセスはどの空港が便利?

世界でもトップクラスの透明度を誇る”霧の摩周湖”は、森の中の山の上にあることから、アクセスが限られている”神秘の湖”です。最寄りJR駅からの交通手段は限られた便数のバスか、レンタカーやタクシーなどの車になります。今回はそんな【秘境】摩周湖へのアクセスについてご紹介したいと思います。

洞爺湖へのアクセス-東京から行くには?

東京から洞爺湖までは、意外と低料金でアクセスできることをご存知ですか?洞爺湖はサミット(主要国首脳会議)が2008年に開催されたことでも話題になりましたね。 今回は北海道の代表的な観光地の洞爺湖への、東京からのアクセスについてご紹介したいと思います。

釧路空港からの観光といえば釧路湿原に阿寒湖や摩周湖?

北海道の空の玄関といえば新千歳空港が一番にあげられますが、釧路湿原をはじめとする道東観光なら、「たんちょう釧路空港」からスタートするのが便利ですね。 何泊するかによりますが、釧路空港からはひと通りの主な道東観光スポットへアクセスすることもできます。 ただ道東エリアには五つの空港があるので、旅程によっては発着で違う空港を利用した方が効率がいい場合もあるでしょう。 今回は釧路空港を利用すると便利な観光スポットについてご紹介したいと思います。

北湯沢温泉のキャンプ場情報

きたゆざわ森のソラニワや緑の風で最近注目されている北湯沢温泉の、周辺にあるキャンプ場の情報を集めました。 北湯沢温泉は山間の渓流沿いにあり、自然真っただ中という感じでアウトドア感いっぱいのところですが、規模的には小さいところなので、キャンプ場もそれなりです。 少し足をのばせば、ある程度設備の整った初心者向けのキャンプ場もいくつかあります。

白鳥大橋とは何かを簡単にまとめてみた

室蘭港をまたがる白鳥大橋は、全長1,380m、主塔の高さ139.5m、総事業費1,000億円超の東日本最大の吊り橋です。 その姿は白鳥が羽を広げたようにも見えますが、「白鳥大橋」の名前の由来は室蘭港の別名である白鳥湾に由来します。 1998年に完成した比較的新しい室蘭のシンボルであり、そして夜にはライトアップとイルミネーションによって、工場夜景とともに夜景スポットにもなっている人気の観光名所です。 今回はそんな白鳥大橋についてまとめてみました。

夕張メロン食べ放題の場所は?めろんのテラスとホテルランチ

夏に旬を迎える北海道のおいしい食べ物といえば、海産物、農産物といろいろありますが、果物ならメロンは外せませんね。 北海道のメロンといったら夕張メロンでしょう! メロンのなかでも果肉がとってもやわらかくてジューシーな夕張メロンは、北海道のみならず日本を代表するメロンです。 そんな特産品の夕張メロンの食べ放題があるというから驚きました。 しかも一か所だけではないのです。 今回は夕張メロンが食べ放題の場所についてご紹介します。

室蘭と言えば工場夜景!どの展望台から見る?なくなる前に…

室蘭といえば、海岸に重化学工業の工場がズラリと並んでいるので、夜になれば工場の灯りと、東日本最大の吊り橋「白鳥大橋」のライトアップが、室蘭ならではの工場夜景になっています。 室蘭の工場夜景を見るには車で展望台巡りをするか、運行期間限定の室蘭夜景見学バスに乗るか、はたまた室蘭港内をクルーザーで周回する夜景クルージングに参加するなどの方法があり、時間や予算に合わせて楽しむことが可能です。 気になるのは、室蘭の工場夜景がなくなる(?)というウワサですが…

むろらん港まつり2018。花火大会!ねりこみ!よさこい!!

室蘭最大のお祭りといえば、真夏の三日間にわたって盛大に開催されている「むろらん港まつり」ですね。 開催日の三日間それぞれにメインイベントが企画されていて、さらにさまざまなイベントがプログラムに組み込まれています。 まるで三つのお祭りが合体しているみたいですね。 さすがは昭和22年という昔から続いている歴史のあるお祭りです。 それではメインとなる納涼花火大会、室蘭ねりこみ、よさこいソーランinむろらんを中心に、お祭りのプログラムを見ていきましょう。

支笏湖の4大イベント一覧!氷濤まつりから紅葉まつりまで

札幌から車で約1時間、新千歳空港からは約40分というアクセスのいい場所にありながら、大自然の中にあって日本一の水質を誇る支笏湖では、四季折々の景観を楽しめるだけではなく、季節ごとにイベントも行われています。 今回の記事では、支笏湖観光に来た方がより楽しめるように、湖畔で開催されているイベントについてご紹介したいと思います。

北湯沢温泉周辺の観光名所は?遊びのスポットなら?

春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、そして冬は白銀という、四季折々の景色を露天風呂から眺めて楽しめるのが北湯沢温泉郷の魅力です。 ですから北湯沢での楽しみ方としては、やはりその自然を楽しむのが基本になりますね。 今回の記事では、北湯沢温泉の周辺にある観光スポットをピックアップしました。