モエレ沼公園へのアクセスは?バスや駐車場などの情報

モエレ沼公園への道

春はお花見、夏は水遊び、秋は紅葉狩り、そして冬は雪遊び、四季折々の楽しみ方があるモエレ沼公園ですが、札幌の外れにあるためにちょっとアクセスがわかりにくいかもしれませんね。

冬期以外は広大な駐車場があるので、車で行くのが一番楽かもしれませんが、もちろん公共の交通手段もあります。

市内各所からバスが出ていますが、それもちょっとわかりにくいかもしれません。

今回はモエレ沼公園へのアクセスについてお知らせしたいと思います。

  スポンサーリンク

モエレ沼公園へのアクセス方法

モエレ沼公園への行き方ですが、地下鉄駅、JR駅、または丘珠空港などからのバスに乗るか、車で行くことになります。

どちらの場合も冬期間は数が減りますので、事前にチェックしておきましょう。

モエレ沼公園へのバス

モエレ沼公園へのバスは市内各所から出ています。

街の中心部からの移動だと、地下鉄→バスの乗り換えになりますが、交通系ICカードを利用すると便利です。

札幌市交通局の「SAPICA」のほかに、「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「manaca」、「TOICA」、「PiTaPa」、「ICOCA」、「はやかけん」、「nimoca」、「SUGOCA」が使えます。

現金で支払う場合は、地下鉄に乗るときに地下鉄→バスの「乗り継ぎ券」を購入してください。

乗り継ぎ料金が適用されて割引になります。

路線バス(中央バス)

地下鉄東豊線

「環状通東駅」バスターミナル(地下鉄2番出口)

【東69】「あいの里教育大駅」/「中沼小学校通」行き
【東79】「中沼小学校通」行き
⇒「モエレ沼公園東口」にて下車(約25分)

【東61(ビ61)】「中沼小学校通」行き
⇒「モエレ沼公園西口」にて下車(約25分)


「新道東駅」(地下鉄2番出口)

【東76】「中沼小学校通」行き
⇒「モエレ沼公園西口」にて下車(約20分)

地下鉄南北線

「北34条駅」(地下鉄2番出口)

【東76】「中沼小学校通」行き
⇒「モエレ沼公園西口」にて下車(約30分)

注意:「モエレ沼公園西口」は、12月下旬~4月初旬の間は利用不可になります。

冬のモエレ沼公園

期間限定バス(中央バス)

地下鉄東豊線

「環状通東駅」バスターミナル(地下鉄2番出口)

【東79】「モエレ沼公園」行き直行便
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約25分)
7月中旬~8月中旬 期間中毎日運行

【ビ68】「モエレ沼公園」行き直行便
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約25分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行


「栄町駅」交通広場(地下鉄2番出口)

【麻26】「モエレ沼公園」行き
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約30分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行

地下鉄南北線

「麻布駅」バスターミナル(地下鉄7番出口)

【麻26】「モエレ沼公園」行き
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約40分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行

地下鉄東西線

「バスセンター前駅」

【東6】「モエレ沼公園」行き
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約33分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行

JR

「JR苗穂駅」

【東6】「モエレ沼公園」行き
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約25分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行

空港

「丘珠空港」

【麻26】「モエレ沼公園」行き
⇒「モエレ沼公園」にて下車(約20分)
4月上旬~11月下旬 土日祝と夏休み期間毎日運行


スポンサーリンク

モエレ沼公園の駐車場

モエレ沼公園には、全1500台の無料駐車場があります!
(ただし冬期間は100台です)

駐車場によって開放期間や開放時間が異なりますので気をつけてください。

モエレ沼公園の駐車場で一番大きいのが、中福移幹線三角点通側にあるP1(東側)駐車場で、一般車1200台駐車できます。
4月20日~11月20日、7:00~19:00まで利用できます。

レンタサイクルの貸出もここからになります。

ガラスのピラミッド併設のP2(中央)駐車場は通年利用できますが、P1駐車場が開放されている時は福祉車両優先です。

7:00~22:00まで利用でき、一般車100台駐車できます。

雁来篠路連絡線テニスコート側のP3(南側)駐車場と、苗穂・丘珠通側のP4(西側)駐車場はそれぞれ一般車100台、4月16日~11月20日、7:00~19:00まで利用できます。


P3のある篠路雁来連絡線側には南口駐車場という、大規模イベント時のみ解放される400台の臨時駐車場があります。

イベント開催時には7:00~19:00まで利用可能です。

まとめ

複数の地下鉄駅などからバスがでていますが、札幌駅からのバスがないのが少し不便を感じられるかもしれません。

そうなると車の利用が便利で、駐車場も広いので普段なら土日祝でも満車になることはまずないでしょう。

しかし大混雑時、とくに桜の開花と重なることが多いゴールデン・ウイークなどでは、駐車場から出るのに2時間や3時間かかってしまうこともあります。

そのようなシーズンには時間をずらして行動するか、バスを利用したほうが良いかもしれません。

もし面倒くさかったら、タクシーを使うのも一つの方法ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【300×250】株式会社エボラブルアジア/エアトリ