札幌市近郊のアスレチックならいわみざわ公園?北広島冒険の森?穴場は?

フィールドアスレチック

札幌市の周辺部にある大きな公園ならアスレチック風の遊具があるところも多く、天気の良い週末ともなれば子供たちが元気に遊んでいます。

普段はそれで充分なのかもしれませんが、たまにはもう少し本格的なフィールドアスレチックで思いっきり体を動かさせてあげるのもいいなと思うことはありませんか?

好き嫌いはあると思いますが、けっこう子供はアスレチックが好きですよね。

札幌市近郊のアスレチック

札幌市の郊外へ車で1~2時間も行けば、そこには自然を豊かに残している街が広がっています。

北へ行けば江別市、岩見沢市など、南へ行けば北広島市、恵庭市、千歳市など。

そこには自然を活かしたフィールドアスレチックを設けている街があります。

それではその中から、いくつかご紹介していきましょう。

  スポンサーリンク

北海道のアスレチック いわみざわ公園

岩見沢市南東部の丘陵地帯にある「いわみざわ公園」は、約183ヘクタール(東京ドーム約39個分)という広大な敷地に、遊園地、スキー場、パークゴルフ場、キャンプ場などがある大規模都市公園です。

その数あるレジャー施設のひとつ、「トリムコース」にアスレチックパークがあります。

トリムコース内の「冒険の谷」と「冒険の河」には、難易度の高いものから低いものまで18基あり、小さな子供から高齢者まで楽しめるようになっているアスレチックです。

場所は道央自動車道・岩見沢ICを降りて約5分の所にあり、園内にある「北海道グリーンランド遊園地」の観覧車が目印になります。

北海道グリーンランド遊園地

いわみざわ公園のトリムコースは入園料、駐車場ともに無料です。

いわみざわ公園
岩見沢市志文町794
TEL 0126-25-6111
(問い合わせは遊園地まで 0126-22-2121)
営業期間 4月29日~11月3日
営業期間 9:00~17:00

http://www.iwamizawa-park.com/map/

北海道のアスレチック 北広島冒険の森

北広島市にある野幌原始林の中に「北広島市レクリエーションの森」があり、さらにその中にフィールドアスレチックコースの「冒険の森」があります。

さすが原始林の中にあるだけのことはあって、本当に森の中に設置された本格的なアスレチックです。

大自然の中にある24基のアスレチックは山あり谷ありで、大人でも充分楽しめるものになっています。

というか、ふだん運動不足の大人にはキツイくらいかも。

駐車場からアスレチックコースまでは10分くらいかかりますし、アップダウンも多いので気合を入れていきましょうね。

森の中なので基本的に長袖長ズボンで動きやすい服装、虫除けスプレーなどの虫刺され対策も忘れずに。

子供用の軍手もあるといいかもしれません。

北広島市レクリエーションの森も入園料、駐車場ともに無料です。

北広島市レクリエーションの森
北広島市西の里番外地
011‐373-2050
営業期間 4月第4土曜日~10月31日
営業時間 10:00~17:00

http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/kyoiku/detail/00121297.html


スポンサーリンク

緑のふるさと森林公園

緑のふるさと森林公園

最後にご紹介するのは恵庭市にある「緑のふるさと森林公園」です。

恵庭市街から道道117号線を車で24分くらい(約14㎞)走ったところにある森林公園で、バスなどの公共交通機関はないという、穴場的な場所にあります。

ここも駐車場からアスレチックのある「森林トリムアドベンチャー」までは、けっこうな坂を登らなくてはなりません。

緑のふるさと森林公園入口

しかし坂を登りきったとき、そこには広大なアスレチック空間が広がっています。

森林トリムアドベンチャー

森林トリムアドベンチャーエリアには14基のアスレチックがあり、こんな森の中にあるにしてはきれいなものでした。

ただ森の中にあるとはいえ、アスレチックフィールドは開かれたところにあり、遊具はほとんど日なたにあるので熱中症に気を付けましょう。

もちろん緑のふるさと森林公園も入園料、駐車場ともに無料です。

緑のふるさと森林公園
恵庭市盤尻
0123-33-0401
(森林公園管理棟《緊急連絡先》)
営業期間 4月29日~11月3日
営業時間 9:00~17:00

http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1365649834409/index.html

まとめ

札幌市近郊の無料で遊べるフィールドアスレチックをご紹介しました。

森の中での施設では自販機もないようなところがあるので、飲み物などは用意しておいた方がいいと思います。

帽子や虫除けスプレーなども忘れずに。

こちらの記事もどうぞ

ニセコにはニセコビレッジというリゾート地がありまして、ホテルやゴルフ場、スキー場などのリゾート施設のほかに、「ピュア」というアクティビティエリアがあります。そこではフィールドアスレチック的なツリートレッキングや、ふわふわ系アトラクションなどが遊べるようになっていますが、今回一番のお目当てにしていたのがジップラインツアーです。大人も子供も楽しめます。
北湯沢温泉にある湯本第二名水亭は、スポーツ体験型リゾートホテルへとリニューアルされて、「きたゆざわ 森のソラニワ」として2018年4月28日にグランドオープンします。それに先立って新設されたのが、フィールドアスレチックの「野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ」です。北湯沢なら札幌からでも十分日帰り圏内にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【300×250】株式会社エボラブルアジア/エアトリ